コロナ過での参加について

現在のコロナ過の中でも「ふるさとワーキングホリデー」をおこなっている自治体はあります。しかし、新型コロナウイルスの感染を拡大させずに十分気をつけながら参加するよう、総務省は参加者に求めています。出発直前でも体調に異変があった場合は、自治体の担当者に速やかに連絡し、キャンセルすることをまず考えてください。現地への移動も、なるべく3密は避けるよう心掛けましょう。そして現地でもマスク着用や、手洗いうがいを心掛け、感染の予防に努めましょう。

接触確認アプリの利用

厚生労働省が主導し開発した、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の利用を、総務省は参加者に推奨しています。このアプリは個人情報を守りながらも、ウイルス陽性者と接触した可能性を通知してくれるものです。